スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
働く男たち
またまた一週間ネットからご無沙汰だったmiriamです。
いろいろBL出てるのに本屋にチェックにすら行けてない(涙)
とりあえずそんな中、ブックオフで買ったまま積んであったBLなどをちまちま読んでました。
で、その中、挿絵のヤマダサクラコさんに釣られて買ったはずのこの本、よくみたら秀さんじゃないですか!どうりで面白いはず・・・!
と、いうわけで、lucinda姉様に借りてる秀さん作品も合わせて、しばらく秀香穂里作品をレビューしたいな~と思います。途中で他も語りつつですが。

夜情にゆだねて (花丸文庫)夜情にゆだねて (花丸文庫)
秀 香穂里 ヤマダ サクラコ

白泉社 2006-02-21
売り上げランキング : 131193
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大手出版社の編集者である篠原遼路は、急遽不本意ながら故郷の金沢へ戻った。兄の雄平が駆け落ちして父が倒れたため、期間限定で家業の老舗温泉旅館の主人となったのだ。不慣れな着物姿で旅館の若旦那業に苦労する遼路へ、若き料理長の鬼嶋龍司は何かと辛く当たる。料理の腕は一流だが傲岸な鬼嶋を苦手に思いつつ、遼路は彼にかつての恋人の面影を見出してしまっていた…。

秀作品の男達はみんなちゃんと働いていていいですね。
遼路は最初は優柔不断でうじうじしてるお坊ちゃんかと思ってたら、意外と芯が強くてしっかりした子(って歳じゃないけど・笑)でしたね。鬼嶋とぶつかり合ううちに、心構えも変わってきてだんだんと老舗旅館の若旦那っぷりが板についてきたところとか、成長していく過程は読んでてとても清々しかったです。
鬼嶋は腕一本で生きる料理人。こだわりと誇りを持つ男。最初は厳しく遼路に当たる彼が、いつの間にか遼路に・・・いつフォーリンラブだったんだろう?(笑)
遼路視点だったので、遼路が鬼嶋に惹かれていくのはよくわかったんだけど。
なんだかんだいいつつお初エッチは半ば無理矢理的になんだけど…うーん、鬼嶋は男は初めてっぽかったけど、巧いんだよね~。まあ、これもBL界のお約束で(笑)
そしてこの作品の何が萌えかといえば、和服に眼鏡でしょうかね~。
これがまたヤマダサクラコさんの艶っぽい挿絵で書かれてるのがたまりませんね。
遼路は鬼嶋とともに(というとちょっと語弊があるが)旅館を守り通していく道を選ぶんだけど、爽やかにいい終わり方だったと思います。
ただ、駆け落ちした元教師だった兄の相手が教え子(しかも男)って!しかも再会したときにあっさりお互い「お互いゲイだったんだな」的なコメントはどーなの・・・兄ちゃん、男として、跡取りとして、なんていうかいろいろダメすぎだよ・・・まあ「駆け落ちしてまで愛に生きた」ってところがBL的ファンタジーなのかもしれんが(笑)

そしてヤマダサクラコさんと言えば、新刊が出ましたね~。
思い過ごしも恋の内 (花音コミックス)思い過ごしも恋の内 (花音コミックス)
ヤマダ サクラコ

芳文社 2007-10-29
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「オレはゲイじゃない!」男と別れたばかりの日野が声をかけた相手は、ゲイバーで突然あらぬことを叫んだ岸田だった。ノンケの岸田は、高校生の甥が男と付き合ってるかもしれないと悩み、ソッチ系の相談相手が欲しくてやってきたと言う…。マジメで純朴な岸田を好きになった日野は彼に協力するのだが…!? 表題作カップル他、良成×秋生編も収録! 豪華描き下ろしは後日談…

待ってました!久しぶりの新刊ですね~!!
ヤマダサクラコさんの絵柄が無条件で大好きです・・・。艶っぽいですよねえvv
表題の作品は岸田(ノーマル)×日野(ゲイ)のお話。甥っ子がゲイになってしまったかもしれないと悩み、ゲイバーにきていた岸田にひとめぼれしてしまった日野は、ひょんなことから岸田の相談に乗ることになって。と、まあ、日野がもともとゲイなので、話の流れは自然な感じです。やっぱりノーマル男同士が恋に落ちるってよほどの説得力がないとねえ~と思ってしまう今日この頃。岸田×日野はなんだかんだでバカップルで微笑ましいです(笑)
そして、表題のカップルもいいけれど、良成×秋生カップルが好き。というか、秋生のような逆ギレツンデレ系のカワイコちゃん受が意外と好きです(笑)
ヤマダサクラコさん、何がすごいって、ちゃんと商業の仕事をしながらも、コンスタントに同人誌もバリバリと出しているというところ。しかもけっこうガッツリとした厚い本を出してらっしゃる(笑)ちゃんとゲーム自体もやってるんだよねえ・・・。すごいなあ・・・ま、嬉しいことですけれどもね!
スポンサーサイト

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

【2007/11/19 00:24】 | 腐女子ネタ | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
<<逆でもオッケー? | ホーム | 怒涛の一週間>>
コメント
こんにちは。
確か夏ごろに秀さんの作品をまとめて取り上げるみたいなことを書いていらしたので、ずっと気になってました。私も秀さん大好きなので、どんな作品でどんな感想を書かれるのか楽しみです。仕事もエロも両方読ませてくれる作家さんなので読み応えがありますよね。
【2007/11/19 12:45】 URL | かりんこ #-[ 編集] | page top↑
かりんこさん
すっかり遅くなりましたがボチボチまとめていきたいと思ってます~。もしよろしければお付き合いくださいませ。
秀さんの書くキャラクターはちゃんと地に足がついている感じがしていいですよね。もちろんエロも読み応えがありますし!
【2007/11/23 03:07】 URL | miriam #SFo5/nok[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miriamsan.blog88.fc2.com/tb.php/54-db746a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「夜情にゆだねて」/秀香穂里(ヤマダサクラコ)
今日の一冊☆若旦那と板さんの和服萌え 夜情にゆだねて 秀 香穂里著 白泉社 (2006.2) bk1で詳細を見る Amazonで詳細を見る うらがき 大手出版社の編集者である篠原遼路は、急遽不本意ながら故郷の金沢へ戻った。兄の雄平が駆け落ちして父が倒れたため、期間?... ゲイ&腐男子のBL読書ブログ【2007/11/30 23:20】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。