スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
おいしいポジション
昨日はvivian先輩宅でヲタ合宿をしておりましたmiriamです。
ヲタ会の内容はきっとlucinda姉様が面白おかしく書いてくれると思うので省略(笑・他人任せ)。とりあえずvivian先輩が『百日の薔薇』のCDで「いや~ん井上様」と悶えてのたうちまわっていたことだけは記しておきます…!
私はヲタ会でlucinda姉様&vivian先輩から借りた大量のBL本の感想でもボチボチあげていこうと思います。

きみがいなけりゃ息もできないきみがいなけりゃ息もできない
榎田 尤利

ビブロス 2003-09
売り上げランキング : 220558
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


何故か新装版のほうはAmazonで画像がないので旧版のほうで。
いろいろなBlogで大絶賛のこの作品。
今まで読んだ榎田作品の中で一番すんなり読めました。今月のBE-BOY GOLDの小冊子が気になり始めてきましたよ!(うずうず)
ダメだけど目が離せない受と面倒見てあげたいというお母さん的な甲斐性ある攻。
しかし受のルコちゃんこと二木は本当に生活不能者だな…攻の東海林、甲斐性はあって男前だけど…口うるさくてちょっとイヤかも。まあルコちゃんにはピッタリだと思いますが(笑)ちょっと離れたところから茜のように観察したいですね。もちろん茜さんは腐女子ですよね?おいしいポジションです!(笑)
ストーリー的には気になるのは鳩子の存在。彼女の存在はかなりキーポイントだと思うのですが、割とあっさりと流されていた感が…彼女が何故死を選んだのか、とか、気になるのですが、これはおいおいシリーズであかされていくのかな?人死にネタが伏線やキャラに大きく関わっているのであれば、それを掘り下げて書いて欲しいと思うのです。「大切な人が死ぬ=トラウマ」と言うシチュエーションを軽々しく使って欲しくないので、それが必然である理由が欲しいので。
円陣さんの挿絵は麗しくて良いですね。ルコちゃん、可愛い!

で、最近こういう生活不能者のシチュエーションどこかで読んだな…って「のだめカンタービレ」か!これは男×女だけど。芸術方面に才能がある人って実際こう言う人が多いんでしょうかね。二宮作品、面白いけど、この人の描く作品の女主人公はたいてい天然系はた迷惑なので実際にいたら絶対友達になりたくないタイプだな…マンガなら面白いからいいけど(笑)
スポンサーサイト

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

【2007/07/16 20:48】 | 腐女子ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<職業イメージの理想と現実 | ホーム | 異国気分>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://miriamsan.blog88.fc2.com/tb.php/39-ca5ffb48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。