スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ハーレクインも昼ドラも
はい、またまたずいぶんご無沙汰してました、miriamです。
いろいろナマモノに夢中でした・・・(笑)
1つのモノ(舞台など)にハマると延々とリピートするB型です…(笑)

4286032027B型自分の説明書
Jamais Jamais
文芸社 2007-08

by G-Tools

血液型とか占いとか信じるわけではないけれど、分析本としては面白かったなあ~。会社の同僚に見せてもらったんですけど(笑)
・誰にもわかってもらえない趣味がある。
・頭の中によくわからない「もやもやした」ものがある。けど説明できない。
とか、超当たってると思いました・・・。

ちなみにvivian先輩はAB型ですが、AB型の説明書に
・「趣味が多い」×3くらいある
・趣味にかけるお金がハンパない。どのくらいって?そりゃあもうとにかくすごい。
っていうのがよーく当たってました(笑)

さて、そんな「誰にもわかってもらえなくても、ハマったら一直線」なワタクシがはまっていた舞台が無事に終わりまして、ようやくフツーの暮らしが…。でも本を読む時間がない~!
ワタクシとしたことが本屋にも行ってません!(うわーん)
で、移動中に唯一読んだ本がコレ。

コンティニュー? (新書館ディアプラス文庫)コンティニュー? (新書館ディアプラス文庫)
いつき 朔夜

新書館 2006-05-09
売り上げランキング : 178390
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

勤務はおもに夜間。週に一、二回のわりでデート―。妻に逃げられ、赤ん坊を抱えてリストラされた絢人。再就職もうまくいかない中、ゲームソフト会社を経営する藤堂から「月三十万でどうだ」と誘われたのが、彼の愛人になることだった。生活のためやむなく契約した絢人だったが、いつしか藤堂のカラダに慣らされてしまう。そんなある時、絢人は藤堂の会社で思わぬ仕事をすることになり…?恋愛ダンジョンRPG。


いつき作品を徐々に読み進めてます。文章もサラッとしてて読みやすいし、好きな作家さんの一人になりそうです。
さて、この「コンティニュー?」どうやらデビュー作のようなんですねえ。
どうりで読んでて文章がいまいち固いと思った。やはり今のほうがずっと上手になってるんですね(って何様・笑)
まあ、ストーリーはBLではありがちなシンデレラストーリー。しかもノンケで子持ち。
うーん、子持ち設定は…いろいろと微妙な感じなんですけど(苦笑)ファンタジーですからね、なんでもありかな…。
どちらかというとハーレクインというよりは明るい系の昼ドラっぽかったかな(笑)
でも、どちらでも共通して言えるのは、攻めは絶対に金持ちで成功者であるということ!
そして気づいてしまった。受は「俺はなんにもできない」といいつつ、大体の作品で何かしら才能があることが!しかも趣味レベルで続けてきたことが、実は本業で通じちゃいます、みたいな。いや、まあいいんですけど、なんつうか、こう大多数の人は「趣味=仕事」とかにつながらない人生を送っているわけで…なんだかモニョモニョするんですよね。なんつうか、ずるいよ、それ!みたいな(笑)
えーと、この作品2部に別れてるんですが、断然1部が好きですね。契約の愛人とか、いいね!BLっぽいね!って感じだし、くっつくまでのジリジリした感じとか緊張感とか、そういうのが!(笑)
後半はファミリードラマなんで、まあそれはそれでハッピーエンドで良かったね、と。
あ、あと金ひかるさんのイラストがすごく雰囲気に合ってました。作品にあった良い挿絵だな。
やっぱり挿絵って大事ですよね。
そしてこの本の後書きを読んで「PCデータのバックアップって大切・・・!」と、早速外づけHDDにミラーリングしたワタシでした(笑)


スポンサーサイト

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

【2008/06/23 01:51】 | 腐女子ネタ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
Ahc so・・・!
めっきり舞台にはまってるmiriamです。
先日の東京千秋楽ではA4の紙の裏表にびっちりメモ取っちゃいましたよ。
別にこのメモをどうするつもりもありません(笑)
ただの自己満足です(笑)←どんだけオタクなんだか・・・

どうしても千秋楽観たいので日曜日大阪行ってきます…!(笑)

タイトルの「Ahc so…!」は劇中のドイツ語の台詞なんですが、「ああ、そう!」という意味だそーです。
妙にこの台詞がツボなワタクシなのでした…(笑)

テーマ:腐女子的思考 - ジャンル:サブカル

【2008/06/10 23:38】 | じゃにネタ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
男ばかり12人@第17捕虜収容所
最近3次元づいてるmiriamですけれども。
まあmiriamの3次元=ほぼ蛇兄ズなんですけど(笑)
ちょっとね、とある舞台にはまってるんです。
ジャ●ーズ舞台と言いながらも、主人公そっちのけで脚本に夢中なんですけど(笑)
とーっても好みの脚本なんですよね。

と、いうわけで今日はジャ●系の舞台の話です。
(このBlog作った時に一応カテゴリに「じゃにネタ」というのを作ってたんですが、初めて使います・笑)
興味のない方はスルーしてくださいな。

さて、そんなこんなで。
ワタクシが今夢中なのは三宅ケン君主演の舞台「第17捕虜収容所」です。

一応公式のあらすじ
ブロードウェイにて舞台化、さらに、鬼才ビリー・ワイルダーにより映画化され絶賛された、
戦争映画不滅の金字塔『第17捕虜収容所』。

第2次世界大戦下、ドイツにあるアメリカ人捕虜収容所。
捕虜達はなんとか笑いのネタを見つけ、辛い日々をやり過ごそうとしていた、が―――
「俺たちの中に、ドイツ軍のスパイがいる!」
一人の男がその張本人と決め付けられ、疑われてしまう。

脱出劇、スパイ探しのサスペンス、シリアスな人間模様など、スリリングな要素が絡み合うこの名作に、三宅ケンが挑む!

http://www.dipps.co.jp/stage/stalag17/index.html

原作はブロードウェイでも話題になった舞台で、50年ほど前に映画にもなって、アカデミー賞を取ってるらしい。
ちなみに映画はこんな感じらしい。1954年作。50年以上前の作品ですよ(未見。そのうち見たい)
第17捕虜収容所[DVD]第17捕虜収容所[DVD]

by G-Tools



もともとの原作が面白い&脚本がいい感じにアレンジできたせいだと思うけど、テンポもよくて、サスペンス要素もあって2時間半近い時間を全然感じさせなかった。

そしてキャスト陣がとてもよかった!
男ばかり12人で、ウダウダになるんじゃないかと思ったけど、誰一人「不要」なキャラはいなくて、すべての人が重要な役を担っていたのも素晴らしいな・・・

コメディあり、シリアスあり、戦争の理不尽さあり、の良い舞台でした。

「憎まれっ子」役のミヤケ健がハマリ役で良かった。
良い役者なのになあ…
あのおもしろミラクル★ボイスがなければもう少し認められるんじゃないかと思うんだけど(笑)
あの子は見た目(童顔)とキャラのイメージ(いつまでも少年ぽい)で損してると思う。
今回は演劇系のサイトでも「ジャニだと思って観てたけどミヤケ君予想以上に良い」と高評価なのも嬉しい(ふふふ・ファンの贔屓目ではないのが嬉しいのだよ!)
そしてミヤケ健にはこう言うちょっと硬派なシリアス目な舞台のほうが向いてると思う(前々回の「第32進海丸」も良かった。と思ったら、今回のこの「第17捕虜収容所」も同じ脚本家なんだそうだ。自転車キンクリートの。健の魅力をよくわかってる!)
女の人との絡みは正直あまり似合わないんだ…(小さいから?それともミヤケ健自身が女優だから?<正直ヤツはゲイではないとしてもバイだと思ってるんで・笑)

良い舞台なのにいまいちチケット余ってるらしいからもう1回行こうかな…と呟いていたんですが。
結局、昨日また観てきちゃったりして…ハハハ(笑)
しかもかなり前のほうを譲ってもらえたので、細かい芝居が見れてなかなかよかったけど、この舞台、立ち位置が左右に別れるシーンが多かったから、正直前過ぎて疲れた…(贅沢な悩み)
やはり芝居は少し引きで見るのが良いですね…。

しかし何故こんなにツボなんだ、このストーリー…!!
捕虜10人(+収容所の所長+看守の伍長)の男達の行き場のない閉塞感とか、12人それぞれの立場とか感情とか考え方が交差するのが、たまらなく良い…
・戦時下(異常な状態の元)
・しかし戦場でもなく、故郷でもなく、捕虜と言う宙ぶらりんな微妙な立場
・命の危険はないけれど、屈辱的なただ「殺さず、しかしただ生かされている」という立場
・12人12様の価値、信条、立場
・そしてこの狭い限られた空間の中、一人がスパイ

しかもミヤケ健演じるセフトンがめちゃめちゃ性格悪いのが良い(笑)
健が主演だけど、決して健が主役ではないところがこの舞台の良さだと思う。
この舞台はすべての人間が主役なのだ。
袴田吉彦演じるプライスも、田中幸太郎演じるシュルツも、決して人間としては悪くはないのだが、彼らにも立場があるのだ。
リーダーは最後にスパイの始末に迷う。
「彼はドイツ軍だ。確かにスパイだが、彼だって命令だから従っていただけなんだ」と言う台詞。
熱血漢デュークの「でもアイツのせいでマンフレディとジョンソンは死んだんだ!」という台詞も真実。
最後に彼を囮として外に出して死に追いやってしまった罪悪感と、脱走の成功と武器倉庫を爆破してやったという爽快感と、そのどちらもやはら真実。
見た後に深く残る脚本だった。
戦争が背景にあるけれど、いわゆる戦闘シーンや、殺しあいの直接的なシーンは一切ない。
けれど、やっぱり「捕虜収容所」というのは戦争の一場面であることは確かで、そこにいる人間達も確かに戦争という中にいて、その大きな絶対的な力の前には何もできない。

限られた空間の限られた人物達の閉塞感とかやり場のない怒りとか苛立ちとか、喜怒哀楽。
ああ、ツボだ!これがものすごくツボなんだ、きっと!(笑)


と、いうわけでもう1回見たい……まだ見たい…
きっとこの脚本、三宅ケンが出てなくてもリピートするよ、ワタシ…

そう、基本がオタクなので気にいったら何回でも観たいのです…
ああ、初見が中日過ぎてて良かった…
これ、初日に見てたら何回通ったことか…!!(笑)

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

【2008/06/02 21:59】 | じゃにネタ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。