FC2ブログ
表現方法を考えてみる
先週末は関西方面への出張があり、10連勤だったmiriamですけれども。
東海道新幹線での出張だったのですが、鉄道擬人化本がマイブームなので東海道新幹線に密かに萌えていたのはナイショです(笑)

さて、今回の出張は割と時間が自由になったので(というか、そもそも週末の出張だったので、終わった後はフリーだった)、京都在住のDianaに付き合ってもらい、梅田の某中古同人誌店へ行ってきました。4年ぶりくらいだったんですけど、そうだ、ここって店員がコスプレしてステージでカラオケしてるんだったっけね…ははは(微笑)
ま、そんなこんなでちょっとクラクラしてたりしたんですが、10年くらい前に友達に貸したまま帰ってこなかった、ずーっと探していた作家さんの本を見つけて大喜びでゲット。ああ、かの人の作品は13年(…)経っても色あせてないぜ…!(ちなみにジャンルはサイバー●ォーミュラです・笑)

さて、そんな出張の帰りのおともには、Diana御用達の「BL本がいっぱい置いてあるオタク本屋」で購入したBL本。Dianaはとても辛口で、目が高い。彼女が選ぶ本はとても上手な作家さんが多いのだ。
どれにしようかな~と、平積みになっているBL本を眺めていると、ふと艶やかな表紙が目に付いた。おお!挿絵が稲荷家さんではないですか!
miriam「この作家さん、どうなのかしら?」
Diana「うーん…当たりはずれがあるかな。当たりもあるんじゃないの?いっぱい出してるみたいだし。あたしは買わないけど」
そうか…でも稲荷屋さんの挿絵が美しいからな~。
それにホスト×ヤクザって珍しいカップリングじゃない?
と、興味をそそられて買ったのがコレ。

花嫁は夜に散る (B-BOY NOVELS)花嫁は夜に散る (B-BOY NOVELS)
愁堂 れな

リブレ出版 2007-10
売り上げランキング : 460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


なんていうかねー…
必然性も説得力も背景もまったくない話でした。

受がヤクザである意味がわからない。
攻がホストである意味がわからない。
すでにこの時点で「?」。この職業で何故?
ただ雰囲気的に
「怖いけど美貌な人」=ヤクザ=神流(受)
「得体の知れない色男」=ホスト=英(攻)
を求めていただけなの?
第一に、女相手の水商売のプロで女はよりどりみどりである英が何故に「男」で「ヤクザ」である神流に惚れたのか?
そこの背景がまったくない!!
ただ神流が綺麗だから?その背中の彫り物が美しいから?アレに真珠が入ってるから?(笑)
そうそう、この神流はヤクザなのでアレに真珠が入ってるっていう設定なんですよ!(ここ爆笑ポイント)受なのに!真珠!!そんなことするのは割と下っ端だと思うんですけどね?(ちなみに看護士やってる友人に聞いたところ「チンピラには多いわよ」とのこと(笑))
そして周囲にフツーにホモが多すぎる。
神流を目の敵にしている組長の息子の愛人の一人がホスト(男。もちろんこの場合は英のライバルになる)って。都合良すぎるだろうー(笑)
いやー、萎える萎える(笑)

そして一番気になったのが、この作家さんが書く擬態語というか擬音語がね…なんか萎えちゃったんですよね。
皆様、いわゆる「オノマトペ」=擬態語・擬音語ってどこまで許せますか?
エロシーンのオノマトペもそうですが、miriamが気になるのは日常シーン。
例えば「笑う」という動詞を現すオノマトペ。
「にっこり笑う」はセーフ。
「ふんわり笑う」もセーフ。
「ひっそり笑う」もセーフ。
「ニヤリと笑う」もセーフかな。
「にんまりと笑う」はぎりぎりセーフ。
だけど、
「にぱっと笑う」はアウト。
だって「にぱっ」ってマンガ語ですよねえ?
感覚的なものなので個人によって許容できる範囲は異なると思うのだけど、最近のいわゆるラノベ(ライトノベル)ってマンガをシナリオにしたような安易な表現が多い気がして、それが萎えるのです。

では喧嘩のシーンで、次の表現ってセーフORアウト?

ナイフを握る男の手首をがしっと掴む。

・・・わたし的にはアウトです。
だって「がしっ」というのはマンガの効果音なんですもの。
わかりますよ、シーンの雰囲気は。
でも、小説だったらもっとねっとり書いて欲しいわけですよ。
例えば
逃げようとした男の手首を容赦なく捻りあげて掴み寄せる。
とかね。
適度なオノマトペはとても効果的だけど(特にエロシーンは・笑)、あまり稚拙な表現を使われると、せっかくの迫力シーンもだいなしですよね。
ついでに言うと同じ表現が繰り返されるのも萎えます。
正確には数えなかったけど、受の神流は「じろりと睨みつけ」過ぎです(笑)
こういうキャラなんでしょうけど、何度も同じ表現なのはどうかと思うわけです。それを違う表現で現すのが小説の醍醐味じゃないかしらん。だってマンガだって同じ向きの顔ばっかりじゃつまらないですものね?
ちなみに例えに安易にタレントやモデルの名前を出すのもね。

でもこの話で一番萎えたのは、東京在住のmiriamですら「嘘くせえ・・・」と呟いてしまった「イタリア人モデルを彷彿させる(原文まま)」ような濃い顔(なんでしょうね、イタリア人を彷彿させるんですもの)攻めの英のベタすぎる関西弁でしょうかね・・・多分関西の方が読んだら「?」と思うと思うんですが、誰かネイティブ関西スピーカーの方に読んで感想を教えて欲しい(笑)

スポンサーサイト



テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

【2007/10/28 01:11】 | 腐女子ネタ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
これって児童文学?
すっかり秋の気配が色濃いというのに、まだ衣替えが終わってないmiriamですけれども。
片付けきれない同人誌とBLが積んである横には夏物が積んであります…。

さてさて、秋は読書シーズンですね!
久々に出たこのシリーズ、いったいいつ終わるんだろう…。

NO.6(ナンバーシックス)#1 (YA!ENTERTAINMENT)NO.6(ナンバーシックス)#1 (YA!ENTERTAINMENT)
あさの あつこ

講談社 2003-10
売り上げランキング : 63120
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『バッテリー』で一躍有名になられたあさのあつこの近未来SFものです。
「ナンバー6」と呼ばれるすべてが管理された都市に住む少年・紫苑と、ナゾの少年・ネズミが聖都市「ナンバー6」の謎を探っていく…。
と、書くとありがちな近未来SFなんだけど…。

「きみのことを全部知ることができるのかな」
「いいな、もうニ度と、おれに別れのキスなんてするな。二度とするな」
「多分誰よりも…他の誰よりきみを失うことをことを怖れている。怖くて、堪らない」

この紫苑とネズミの会話はまるでBL。っていうかBLそのものですよ…!

『バッテリー』もそうだけど、あさのあつこって児童文学のジャンルにいれていいのかと疑問に思いますよ・・・。
っていうか、確信犯的に児童文学狙ったBLですよね!

『ダ・ヴィンチ』とか『ぱふ』のあさのあつこ特集でのインタビューなど読むに当たり、その予想は間違っていなかったのだと確信。
そんな狙ってる感バッチリのあさの先生に踊らされるのは悔しいと思いつつ、続きが気になって読んでしまうのよね…。

これも含めて『バッテリー』が小学校高学年の推薦図書になっているという事実。
児童小説で「萌え」に目覚める将来の腐女子予備軍を作っているとしか思えません。
って、それはすっかり脳が腐女子だからでしょーか(笑)
いちおうジャンル的には「ニアほも」に入れておきたいと思います。心の中では「BL」ジャンルですけれども!
あ、ちなみに『ナンバー6』は6巻まで出ていますが、まだまだ続きそうです。1年に1冊か2冊しか出ない&ヤングアダルト向け文庫なので文字が大きいので版型のわりに文字量が少なくて進みが遅いのが難点ですね…いつ終わるんだろう…。


テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

【2007/10/19 00:07】 | ニアほも | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
異文化BLコミュニケーション
週末は台風のおかげでいろいろ大変だったmiriamです。
実は台湾へ行ってました。台風のおかげで飛行機が飛ばなくてスケジュール狂いまくって大変でした…。

台湾と言えば、買い物・グルメ・占い・エステ・故宮博物院…などが有名ですが、実は台湾ってとても日本的ヲタク文化が盛んな国なんですよ~。
日本のマンガ、アニメはもちろん、同人誌即売会もあれば、アニメイトもBLもあるのです(さすがに同人誌即売会には行ったことないけど)

今回はそんなマニアな場所を周るぜ!と思ってたのに台風のせいで飛行機が大幅に遅れてしまったため、時間がなくなってしまったので行けなかったのだけが心残り…
そんな中、一緒に行った友人(非ヲタク)が占いをやっている間に隙を見て急いで買った台湾版「DEAD LOCK」をご紹介!
IMG_1832.jpg


左が台湾版で右側が日本版です。
ご覧の通りサイズが少し大きいです。新書版サイズ。そしてビニ本扱いで、梱包されてます。ちなみに18歳以下は買えません(笑)

IMG_1833.jpg


ちゃんとオリジナルの栞も入ってました。そして表紙と背表紙の題字は特殊加工してあるのですよ!中の挿絵もすべて入ってるし、口絵もカラーだし、帯もあります。帯には「麻薬捜査官×ギャングのボス 不可思議な善悪の対決 禁断の恋が登場!」とあります。180台湾ドル(約700円)でした。値段も同じくらいですね。
そして「英田サキ」さんの「サキ」は漢字で「沙希」と当て字になってます。そしてオリジナルにはないサブタイトルがついて「誘惑的枷鎖」となっています。日本語では「誘惑の鎖」かな。なかなかロマンチックなサブタイトルですね。

もちろん中身は全部中国語なんですが、さて、濡れ場は一体どんな感じなのかというと…
IMG_1835.jpg


どうでしょう?
ユウト=尤特、ディック=迪克です。ユウトは日本名だから日本人っぽい名前がついているかなと思っていたら忠実に音訳してますね。まあ、この場合ユウトもアメリカ人なのでそうなるのかな~。
ちなみにこれはオリジナルの日本語版で272ページにあたります。
どうでしょう?雰囲気伝わるかしら?(笑)

唯一行けた本屋さんは老舗の大きな書店で、日本で言うと「紀伊国屋書店」とか「三省堂」みたいな割と真面目な書店だったので、マンガやBLなどの扱いが少なくて、コーナーも小さくてあまり充実してなかったのだけが残念…。西門町あたりに行けばもっと若者向けでヲタっぽい書店がいっぱいあるのにな~!アニメイトもあるしね!次回は現地のBLも入手すべくリベンジを誓うmiriamなのでした(笑)

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

【2007/10/10 23:53】 | 腐女子ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
気になるような、ならないような
昨日は某アイドルのコンサートを見てきたmiriamですけれども。
不思議なもので長年見てるんですが「萌え」はないんですよね、最近。昔は「萌え」があったんですけど、最近はただただひたすら「かわいい…」とまるで孫を見守る気持ちです(笑)

ところで。
続き物の作品で1作目が微妙だった場合、皆様どうしますか?

1.つまらないから続きはもう読まない(買わない)。
2.続きで面白い展開になるかもしれないから、とりあえず続きを読んでみる。
3.つまらない作品でも気になるから最後まで読む。

miriamの場合はたいてい1です。
まあ、普通そうですよね?
先日読んだ作品は1と2で非常に迷った作品だったのです。

面白くなりそうなのに、どうにも微妙。
微妙だけど、設定は面白い。
微妙だけど、挿絵は好み。
微妙だけど、作者にそれなりの力量があるから読めちゃう。
うーん、定価で買うには微妙なんだけど、古本であったら買おうかな。
そんな作品。

そして、昨日、コンサート前にvivian先輩と寄った某中古同人誌書店でその本を見つけたので購入しました。
ちなみにvivian先輩も「ああ!あたしもそれ買ったわ!でも微妙だったから続き買うの迷ってたのよね~」と仰ってました。そういやmiriamの相方のnancyも「ああ、微妙よね、それ。続きは買わないわ」と言ってたっけ。

天使のため息―セカンド・メッセンジャー〈1〉 (アクア文庫)天使のため息―セカンド・メッセンジャー〈1〉 (アクア文庫)
月夜野 亮

オークラ出版 2005-08
売り上げランキング : 172909
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


天使のわけまえ―セカンド・メッセンジャー〈2〉 (アクア文庫)天使のわけまえ―セカンド・メッセンジャー〈2〉 (アクア文庫)
月夜野 亮

オークラ出版 2006-03
売り上げランキング : 177303
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


天使のかたわら~セカンド・メッセンジャー3~ (アクア文庫 セカンド・メッセンジャー 3)天使のかたわら~セカンド・メッセンジャー3~ (アクア文庫 セカンド・メッセンジャー 3)
月夜野 亮

オークラ出版 2007-06-23
売り上げランキング : 215612

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


作者の月夜野亮さん、実は嫌いではない。むしろ多分カップリングの傾向や好みが似てるので、ジャンル的にはかぶりやすい作家さんです。ええ、昔某ジャンルとか某ジャンルで同人誌買わせていただいてましたもの。
そして挿絵は大好きな石原理さん!
しかも麻薬捜査官物で近未来物ときたら…期待は大ですよね?!

うん、悪くないんですよ、キャラクターや設定は。ただそれが活かしきれないと言うか、間延びしていると言うか…。
この話の敗因はなんだろう…。

まず、登場人物が多すぎて、そのキャラクター達が出張りすぎて主役カップリング(八木×真野)の進展が遅すぎる
なんせ主役カップリングの他の捜査官達や彼らを取り巻く脇キャラが濃すぎて主役の存在が薄くなりがちなんだよね。
・裏世界のことならなんでも知っている多重人格のナゾの男(通称四代目)
・なんでもスマートにこなす色男なのに、ナゾの男4代目に迫られて、なんだかんだでくっついちゃうストレートだったはずのイケメン(長谷川)
・ゲイにめちゃくちゃ寛容な(むしろ「アンタ達くっついちゃいなさいヨ!」とか言っちゃう)男勝りの美人キャリアウーマン(深山女史)
・女装趣味のなんでもお見通しのゴッツイオカマ言葉の先輩(丹羽)

濃すぎる…。
ただでさえ主人公・真野は過酷な過去を持つ薄暗い子で、それを見守る八木は真野の過去のトラウマを知っていて…というかなり濃いキャラクターだというのに、周りも濃すぎてなんともかんともお腹いっぱい…。しかも彼らの描写が多すぎて、話の進みが遅い!

そして中途半端に近未来。捜査官達が持っているMFI(マルチ・ファンクション・インフォーマ)という機械(どうやら携帯とPCとGPSを合体させた小型の携帯端末。多分よくSF映画などで見るような「小型でなんでもできる機械」らしい)や近未来っぽいオフィスの描写が出てくるんだけど、操作方法は妙にアナログ。そんな便利な機械がある時代ならもっと操作が便利な武器があるんじゃないかな。なんか昭和の頃に作ったSF映画を今見てるみたいなデジャヴ…。

で、問題の麻薬事件は、意外とあっけなく終わってしまう
っていうか、ええー!そこまで引っ張っといてそのオチ?!
3冊も引っ張っておいて…。

なんだろう、このモヤモヤ感…。

やっぱり全3巻読み終わっても「微妙」という感想しか出ないのでした。(でもAmazonでの評価はわりといいみたいですね)
ちなみに主人公カップリングがくっつく(ラブシーンがある)のは3巻です。引っ張りましたね…。

でもこのシリーズ、続きが出るんですって。
四代目×長谷川らしい。
うーん…続きを読むかどうかは微妙です、ね。

P.S.昨日の投稿不具合修正しましたー。

テーマ:腐女子日記 - ジャンル:日記

【2007/10/01 01:48】 | 腐女子ネタ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |